介護施設

本人の健康状態をみる

ホームに入る前のチェック

室内

会話をしない日が続いている

一日中、誰とも会わないような生活だと口数が減り無口になります。表情も乏しくなり、生きる力が湧いてきません。このような状態での生活は悪影響を及ぼすだけなので早めに有料老人ホームで入居しましょう。

不安がっている

老人の一人暮らしや、老夫婦の生活では不安な事が沢山あります。若いころ普通にできたことが老いと共にできなくなり、不安を感じるようです。人の助けが必要になった時が入居のタイミングでしょう。

認知症状が出ている

病状が悪化する前に有料老人ホームへ入居した方がプロの介護士の元で安心して生活ができます。中には認知症の親の世話に明け暮れる人もいますから、一休みする意味でも入居を検討しましょう。

気遣われることが多くなった

自分は元気でも、周囲の人が気を遣うことが増えれば本人も気になるものです。周りの人を安心させる意味で自ら有料老人ホームへの入居を決断する事もあります。

お年寄りが元気になるイベント

no.1

季節に合わせた行事

節分やクリスマス、お正月は入居者が楽しめるイベントを沢山用意しています。節分は豆をまくことができますしクリスマスは、音楽と共にケーキを食べることができます。

no.2

花見でストレス発散

施設の中にずっといるよりは、外に出て気分転換をすることも重要です。そのためのイベントに花見を取り入れる施設も多く、自然と笑顔がこぼれます。

no.3

農家の仕事を体験できる

施設内で様々な野菜を育てるところでは、時期になるとみんなで収穫を行ないます。お年寄りでも簡単にできる内容なので無理な負担をかけることなく楽しめます。

no.4

音楽祭がある

各老人ホームを転々としている演歌歌手やミュージシャンが、楽しい歌と音楽で入居者を喜ばせてくれます。クリスマスになると子供たちがベルをもって定番の曲を披露してくれるでしょう。

no.5

動物を触れ合う

動物には癒しを与える能力が備わっており、近年は有料老人ホームにボランティアとして出向き入居者の心の癒すために活動をしています。動物とのふれあいが一番の楽しみだと語る人も多く、効果は絶大です。

動物と暮らせる施設

有料老人ホームを利用する前の生活をそのまま実現しようと試みる施設が増える中、ペットと共に入居する人も増えています。共同のキャットタワーや犬小屋が設置されているので犬や猫も不便なく暮らせます。

広告募集中