介護施設

有料老人ホームが十三に必要なワケ

見学に行こう

老人ホームはどういった場所なのかを知るには、一度見学に行くことが大切です。ネットやパンフレットでは見えてこなかった施設の内部をより詳しく知ることができます。

老人ホームに詳しくなりたい

男女

入居までの流れ

有料老人ホームを利用する時はあらかじめ流れを知ると準備をスムーズに行なうことができます。あると便利なグッズも紹介していますよ。

READ MORE
車いす

生活に必要な費用

ホームの利用にどのくらいの金額がかかるのかご存知ですか。費用計画を立てる時に役立つ情報はこちらで収集ができます。ぜひチェックしてください。

READ MORE
室内

ホームに入る前のチェック

老人ホームに入居する前に必ずチェックしたいのが本人の状態です。介護が必要なのかがわかると入居をする時期を知る事ができますよ。

READ MORE

人気の施設ベストファイブ!

no.1

全室個室で眺めが良い

堂々の第一位は、遠くの景色が楽しめる優良老人ホームです。全室個室なので、来客がきても周りに気を遣う必要がありません。面会者と宿泊できるゲストルームが備え付けられているのは大きなポイントでしょう。

no.2

イベントの充実性

第二位は、イベントが多い老人ホームです。花見をはじめ、水族館やショッピングモールでのお出かけは気晴らしに持ってこいでしょう。クラシックコンサートもあり家族も一緒になって楽しめるイベントが盛りだくさんです。

no.3

医療施設が充実している

イベントや個室かどうかも重要ですが、離れて暮らしている分入居者の健康管理が気になるでしょう。人気の有料老人ホームには施設内に歯科や内科、薬局ががあるので便利さが売りです。

no.4

訪問介護も行っている

施設内のお世話だけではなく、訪問介護を行なってくれる老人ホームもありがたいです。24時間介護スタッフが面倒を診るので休みたい時に利用できると人気がありますよ。老人ホームを探す時の目安にしましょう。

no.5

食事の内容

施設内に厨房を備えているところは出来合いのものではなくその場で調理をし、入居者に提供してくれます。バランスも良く、入居者の希望に合わせて料理をしてくれます。栄養士がいるのでカロリーを制限することも可能ですよ。

安心安全に暮らせる施設の特徴

機能性を重視する

優良老人ホームを選ぶ時のポイントとしては、安全性と居心地の良さが備わっているかに注目します。住んでいて心地いい場所は、穏やかな雰囲気を醸し出しており職員一人ひとりの対応が丁寧です。

サービスが充実している

老人ホームを決める上時にサービスの良さを条件から外す事はできません。雑な扱いしかできない施設は、人への配慮がなっておらず、機能性も低いです。入居者が安心して暮らすことが目的なので、介護や生活面で手厚く世話をしてくれる場所だと安心して入所できます。

新しいからと選ばない

有料老人ホームも日を追うごとに進化しており、設備も新しくなっています。施設内も綺麗なので、住みやすいさで言えばぴか一でしょう。逆に設備や建物が古く、設備も不十分な老人ホームがありますが、弱点を職員がカバーしていることがほとんどです。

配慮に注目しよう

足腰の悪いお年寄りが不自由なく移動ができるよう、施設内のあちこちに手すりがあると助かりますよね。転んだ時にクッション性のあるフロアだと頭や腰を打っても大きな怪我をしなくて済みます。こうした配慮がされた施設は口コミ評価も素晴らしいです。

看護師がいる

体力が落ちたお年寄りは、少しの変化で体調を崩しやすくなります。そのため、応急処置の指示ができる看護師が必要になります。有料老人ホームだと看護師が数名駐在しているので何かあった時心強いでしょう。

高齢化が進んでいる

杖

孤独死を防げる

老人の一人暮らしが加速する今、自宅でひっそりとなくなる老人が増えています。結婚を機に両親を残して家を出た身としては、孤独死を避けるため十三の老人ホームや有料老人ホームに入所させる動きが活発化しています。

色々な人と触れ合える

老後一人で寂しく過ごすのは生きる気力がわきません。より楽しい時間を過ごすため、十三の有料老人ホームには沢山のお年寄りがやってきます。レクレーションや季節に応じたイベントが盛りだくさんですし、他の入所者とコミュニケーションを取ることで生きる活力になります。

介護の手助けになる

老人同士の介護や、子供が親を介護するのが当たり前の世の中で助けなしで続けるのは困難です。限界だと感じた時には十三の老人ホームや有料老人ホームが救いの手を差し伸べてくれます。

入居費用の確認

優良老人ホームだと設備が充実しているのでお金が必要になってきます。入居費用は施設によって違いますから、複数から資料請求をして入居費用の比較に役立てましょう。

広告募集中